成田デリヘルにおける体験

○成田デリヘル嬢との対面

あぁ、成田デリヘル嬢のピンクの乳首をちゅぱちゅぱしてぇ!!
この夢がついき叶うときが来た。
嬉しい!嬉しすぎる!!そう思いながらラブホテルで一人、ホテヘルを待っていた。
成田にはラブホが多く、どの部屋もきっとカップルがセックスしまくってんだろと思っていたが意外にそうでもないのかもしれない。
俺みたいに成田デリヘルを利用している人もそこそこ居るのかも知れない。

一人でラブホに入った事がなかったので、もじもじしながらどうしようかと入り口で悩んでいたら、後ろからきた1人のおじさんに追い抜かれた。
えっ?と思っていると次はパンクロッカーみたいなヤツにも追い抜かれた。
うわー、まじか、ラブホって一人でも入れるもんなんだと思った俺は、それでもぎこちない顔で料金を支払っていたと思う。

そしてまもなく、マシュマロ巨乳で乳首はピンクでパイズリが上手くて、多分可愛い成田デリヘル嬢がやってくる。
その時、ドアをノックする音がした。
俺はドアまですっ飛んで向かい、ワクワクしながらドアを開けると、マシュマロ巨乳のちょいブスがたっていた。

○成田デリヘルでちょいブス女性と遊ぶ

俺は今、成田のデリヘルにおいて究極の賭けのまっただ中だ。
美少女を想像していたので、ちょいブスがくるなんて思ってなくて焦った。
成田デリヘルにチェンジというシステムがあるのは聞いていたが、勇気がなくて出来なかった。
ちょいブスはそんな俺の心を察したのか、やけに饒舌に話しかけてくる。
俺は話を合わせるので精一杯だった。
そして、事件は突然起こった。
ちょいブスが何だか涙声になってきた。
「どうしたの?!」と俺は思わず叫んだ。
するとちょいブスは「ブスでごめんねぇ・・・」と絞り出すような声で言った。
話をすると、受付のお兄さんが巨乳で乳首がピンクでパイズリ上手いお前に指名が入ったから、いっぱい喜ばせてこいと言われてお店を出てきたらしい。
久々の指名に心が躍ったが、自分の顔を見た瞬間の俺の顔があまりにもげんなりしていて、何とかしなきゃと思っていたらしい。
悪いことをしてしまったと本当に辛くなった。
たしかにちょいブスだけど、ちょいブスかもしれないけど!
こんなに繊細で、こんなに俺のことを喜ばせようと思ってルンルンで来てくれたのに。
俺は自分が最低野郎だと思った。
だから俺は、それはもう正直に「ちょいプスかもしれないけど君がいい!」と言って抱きついた。
女の子はアケミと言う名前だった。
それが成田デリヘルを利用したときに起こったちょっとした事件だった。
アケミは成田のラブホテルでえんえんと泣いた。

栄町ソープに向かう求道者

あなたはこれから栄町のソープに行ってたっぷりと楽しんでくるつもりです。

あなたが栄町のソープに行くのはもちろんこれが初めてではありません。川崎/吉原/西川口と、首都圏のソープの名所を既に制覇しているあなたは、まだまだ意気軒昂にソープ巡りをして「人生とは何なのか」を問いただそうとしている真っ最中です。まことに人生とは歩めば歩むほど分からなくなるものであり、一方ソープに行けば行くほど明瞭になるものでもあるといえるでしょう。そのようなあなたの頭を明瞭にしてくれるソープというものを訪ねて回ることで、肉体的な解放感だけでなく、なぜ人は生きるのかという大きな命題にまで踏み込むことができるのではないかとあなたは期待しています。ただの浴場に過ぎないソープで欲情を爆発させる、爆発する瞬間にあなたの意識はまさに翼状に広がって無限大を体験する。こういった生命の神秘を理解するためにあなたは栄町のソープに向かうのです。

風俗の王様たるソープを攻略せんとするあなたですが、果たしてどこの地域のソープが一番自分の肌にあっているのかという命題に立ち向かいます。どの店でもソープで楽しめることくらいあなただって分かっています。しかし「一番肌に合うのはどこか」という大きな問いにイチモツで立ち向かわなければなりません。やはりあなたも男ですから、頭で考える前にイチモツで戦うという選択肢を取るわけです。そして肌に合う地域を探すわけですが、大体どの地域であっても歓楽街は似たようなものであり、客引きを信頼出来ないことまで一緒だといっていいでしょう。そのためやはりあなたは地域+ソープで検索して、最も肌に合いそうなお店を探します。それはやはり自分の地元からほど近い栄町ソープということになるわけです。

栄町ソープをサイトで確認したあとに出る行動は2種類に分かれます。1つはそのまま目的のお店に突入していくという方法。もう一つはお店に電話をして確実に予約の上で出かけるという方法です。男であれば出たとこ勝負でお店に突撃するのがいいでしょう。それにはもちろん惨敗する可能性も含まれています。そうなった時はなった時で電話をしておけばよかったと後悔すればいいでしょう。泣くほど後悔して店員に慰められて、無理矢理に早い時間帯で目的のキャストをあてがってもらうという方法もあります。それくらい栄町ソープに対して真っ直ぐな姿勢を見せてくれれば、風俗というものはあなたに対して微笑むのだといえます。だからこそあなたは栄町ソープをしっかり利用することにしたのです。

川越デリヘルと食事

○川越デリヘルとスタミナ回復 

1日に2軒以上の川越のデリヘルを利用することは珍しくありません。問題は、その間にどのような食事をとるのかということです。デリヘル嬢を2人相手にするということは、その間に少しでも精力を回復しておかないといけません。食べ過ぎると2回目のパフォーマンスに影響するので、腹6分目くらいで抑えるのがいいでしょう。食べるものはもちろん肉です。ステーキのような肉をしっかり食べておくことが大切です。川越なのでラーメンや名産のさつまいも料理を食しそうになりますが、ここは肉を食べて精力回復に努めます。本当に精力が回復したかは実際に風俗店などに行って確かめるのがいいでしょう。よいパフォーマンスができるのなら、その後のデリヘル2軒目も問題ないといえます。そしてその日の全ての風俗に行き終えたあとは、焼き肉を食べるのがいいです。特に冷麺はスタミナの回復に最適です。そこですぐに精力が回復したのであれば、もう1軒デリヘルをはしごするのもいいでしょう。これが川越デリヘルの正しい楽しみ方だといえます。

○川越デリヘルと麺類

現在、川越デリヘル嬢は「うどん派」と「ラーメン派」に真っ二つに分かれて対立しています。デリヘル嬢といえば性の肉体労働者であり、しっかりと食事を摂らないと男性を満足させられません。そのためついボリュームがあるものを食べてしまいがちですが、太ったら太ったで指名が減ってしまうので、「ぽっちゃりデリヘルに行けばいい」などとはいわないで、体格の維持にも気を遣っているわけです。そのデリヘル嬢たちが、仕事前後でどちらの麺を食べるのかで争っています。伝統的なうどん派とプライド重視のラーメン派といえるでしょう。やはりうどんは手軽に食べられて体への負担も少ない、川越のデリヘル嬢にもってこいの食べ物だという意見があるわけです。一方でラーメン派は「実用性よりも楽しみ派」とも言い換えられます。隠れた名物店が多い川越でラーメンを避ける事はできないという考えです。ラーメンを食べるとにんにくや他の調味料の匂いが口についてしまいますが、そうであっても川越で働くのであればラーメンを食べたい、という頑固一徹な考えでもあります。このように風俗嬢にも食に関するこだわりがあるのです。とはいえうどんやラーメンなど様々なものを食べられる街であるため、川越デリヘルに在籍している女の子は自分に合ったものを食べるのが良いでしょう。